大学院生活でいったい何本の論文を読むことになるのだろうか。学部生の時は文献をExcelで管理していた。文献を管理していたっていっても、使いこなせないExcelになんとか線を引いて、片っ端から文献情報を入力していっただけだが…。それでもいいのかもしれないけど、膨大な量の文献を管理するには効率が悪すぎる。そこで役立つのが文献管理ソフトなるものだ。そもそも文献管理ソフトにはどのような機能が求められるのか?例えば、私がやっていたように文献リストを作るぐらいならエクセルでもできる。

 

文献管理ソフトとは何か 

f:id:boolife:20170308123233j:plain

文献管理ソフトは基本的にPDFを突っ込むだけ

 もちろんソフトによって機能には違いがあるのだが、専用のソフトに文献のPDFを突っ込むとデータベースとして保存できる。中には、保存する際にタイトルなどの情報を自動で収集して表示してくれるものもあり、とても便利だ。データベース内の文献を検索することできるし、オンラインでデータベースを共有することもできる。

引用文献リストを自動生成

 さらに便利なのが、論文を書くときに文献を簡単な操作でリスト化し、文中の引用表記と紐付けしてリスト管理してくれる。これで、細かい文献表記のお作法に悩んだり、文献番号ずれとるやないかーい!といったことや、この文献どれやねん!ってことに悩まされたりしなくてよくなるわけだ。

文献管理ソフトって何がある

 そんな便利なものがあるなら使わない手はない。明確な定義は不明だが、文献管理に使えるであろうソフトを列挙した。全てを使ったわけではないので、参考程度に見ていただけるとありがたい。

Endnote 

 個人的にはEndnoteという名前を聞いたことがあった。しかし値段を見てびっくり、定価で5万程度、アカデミックでも3万を越す。まぁこういうものって高いですよね。学生になってからの購入であれば大幅割引になるが、それでも高い。興味のある場合はまず無料トライアル!私はトライアルしてみたが何か使いにくい…慣れの問題だとは思うが早めに心が折れた。しかし、王道中の王道であることには違いないだろう。

ENDNOTE|学術情報・論文作成支援【ユサコ株式会社】

Evernote

 一部有料機能もありあるが、基本的には無料で使えるソフト。もともと文献管理とは別の用途で使用していたが、PDFをドラッグすれば簡単に保存できるので文献管理にも使えるようである。iPhone等の携帯端末を含めた、2端末までライブラリを共有することができる。また、ファイルを複数人で共有することができるため、共同での資料作成や移動の時にサクっと資料をチェックなんてこともできる。文献を保存することは簡単そうだが細かな情報を入力するのは面倒だ。私は共同作業や資料の共有などで引き続き活躍してもらおうと思う。

Create an Evernote Account

Mendeley

 この機能で基本無料というのはとても嬉しい。データベースは1GBまで無料で保存でき、その先は月額を支払うことで拡張できる。値段的にもEvernoteを10年弱使い続けることができるぐらい。何を使おうか迷っている人は、無料なので是非一度試してみるといい。
 Mendeleyは、ブラウザ版とデスクトップ版があり、普段使うパソコンにはデスクトップ版を、ゼミ室のパソコンなど自分のパソコン以外で開きたい時にはブラウザ版でと用途に合わせて使用できるので便利である。
 PDFの文献を投入すると、勝手に文献情報を検索しタイトルや著者の情報が入力される。検索にヒットしない時は手入力だが、おおむねそのまま入力される印象。また、基本的には英語表記なのだが、日本語情報を吸い出してくれるサイトがある!このサイトにログインし、PDFを入れると日本語文献の情報を検索し、ライブラリに追加してくれる。なんて便利なんだ。Excelさん、さようなら。

Mendeley: 無料の文献管理ツール & 研究者ネットワーク | Elsevier

日本語論文 to Mendeley

Papers

 Endnoteよりははるかに安価だが有料。こちらも無料トライアルがあるようだが使ったことはない。少し調べてみると他のソフトより日本語サイトが少ないような…機能としてはEvernoteに似ている?

Papers - Your personal library of research

Ref Works

 大学で契約しているところもあるようだが、詳細は不明。施設がそう行ったサービスをしているかも確認が必要そうだ。

RefWorks

 


まとめ

 とまぁ簡単に見つけられる範囲のソフトを並べてみたが、私個人としては

MendeleyとEvernoteで大体のことは出来るので使い続けてみようと思う。
 その他情報お持ちの方は、是非教えていただけると助かります。