センゴク一統記(12) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク一統記(12) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: 宮下英樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/04/06
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログを見る
 12巻。賤ヶ岳も完結です。秀吉サイドより柴田勝家サイドで話が進んでましたね。


 時代の進化で淘汰される側(=柴田側)の哀しみ。せめて潔く散るという美学。泣けますね。特に、勝家が、勝手に退却した前田利家を一切責めずに「秀吉を頼む」と言うところは感動しましたよ。


 お市の最後も、「センゴク」時代の小谷城落城のシーンを思い浮かべればまた別の想いが。生きてほしかったですが、でも満足のいく最後だったのではないかなあと。戦国時代ですから、女性もいつ死ぬかわからず、死ぬにしても不本意な死もありえる時代。勝家と添い遂げたのはせめてもの幸せだったのかもしれないと思いました。