・・・毎月入れていた金が・・・

無駄遣いされていたとは・・・

思ってもみなかった・・・

 

「ストライキだこんちくしょぉォォォォ!!!」

そう言いながら俺は机を力いっぱい叩く。

あらら、真っ二つだ・・・

 

「まぁ・・・そんなこと言うなよ・・・」

「あんなこと聞いて黙っていられるかァッ!」

キルに呼び止められても気にしない。

 

「ギルドの収入として毎月5億〜10億入れてたというのに・・・2億の借金返せねぇだァ!?俺が入れていた金を使えばいいと言ったら「無い」の一言だ・・・遊びとか変なのに使ってるとかどうかしてるッ!」

 

「うう・・・まぁギーグさんの気持ちもわかりますけど・・・まずは落ち着いてくださいよー・・・」

 

「これで落ち着いてれば警察もいらんわッ!」

 

「あちゃー・・これギーグさん完全にやばいよね・・・」

 

俺はギルドを出た。別に辞めてはいない。

 

「久しぶりにΩの方に行ってみるかぁ・・・」

トボトボと歩く俺、背後の視線にも気づかなかった。

と、言うか気づいてても言う必要はない。

 

・・・だって付いてきてたのアナだし・・・

 

 

続く・・・のか?

多分続かないと思う

これは話とは無関係です。

ただノって書いただけです。

 

ギーグの入れてた金の使い道は特に決まってません